WiMAXとは-モバイルWi-Fiとの違い-

月間のデータ通信量の上限規定がないWiMAX「ギガ放題」の項目別料金を、各々のプロバイダーで比較して、安い順にランキング付けしました。月額料金だけで決定してしまうと失敗することになります。ランキングについてはこちらのサイトから確認できます。→WiMAX費用とサービス比較

モバイルWiFiルーターというものは、契約年数と毎月の料金、そして速度を比較して1つに絞るのが重要です。一方で使用するシーンを考慮して、通信エリアをチェックしておくことも肝要になってきます。
月々の料金のみならず、回線の速度であるとかキャッシュバックキャンペーンなども確かめることが重要なのです。それらを意識して、ここ最近売れまくっているモバイルルーターをランキング形式にてご紹介します。

WiMAXと言いますのはモバイルWiFiルーターのひとつで、家の中は当然の事、戸外にいる時でもネットに繋げられ、何とひと月の通信量も上限なしとなっている、大注目のWiFiルーターだと言えます。
ワイモバイル(ソフトバンクの通信ブランド)の「ポケットWiFi」に関しては、WiMAXと比較するといくらか速度的に見劣りしますが、その周波数の特徴で電波が届きやすく、屋内にいようとも接続できないことがないということで高く評価されています。

WiMAXとポケットWi-Fiを比較 オススメのモバイルWi-Fiはこれ!

「ワイモバイル」「WiMAX」「格安sim」全てを対象に、それらの良い点と悪い点を認識した上で、利用状況に応じたモバイルルーターをランキング一覧でご紹介します。「WiMAX」「格安sim」「ワイモバイル」の3種類を購入対象に、それらの強み・弱みを把握した上で、利用状況に見合ったモバイルルーターをランキングの形でご紹介しております。

WiMAXモバイルルーターと申しますのは、携行できるようにという目論見で開発された機器ですから、ポーチなどに易々しまうことが可能なサイズとなっておりますが、使用するという場合はその前に充電しておかないといけません。

「モバイルWiFiを契約しようと思うけど、高速モバイル通信のWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルのポケットWiFiのどっちにすべきかなかなか決められない。」とおっしゃる方に役立てていただく為に、両者を比較して一覧にしました。
現段階ではLTEを利用することができるエリアは限定的だというしかありませんが、エリア外にて通信をしようとする時は、必然的に3G通信に変更されますので、「接続することができない」という様なことはないと言い切れます。

全国主要都市をカバーしているWiMAX!通信エリアが広いから安心

WiMAXというのはモバイルWiFiルーターのひとつであり、自宅でも屋外でもネット利用ができ、しかも1カ月間の通信量も制限がないという、とっても高評価のWiFiルーターだと言っていいでしょう。

WiMAXのサービス提供エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%だと発表されています。東京都内23区は言うに及ばず、全国の県庁所在地などでは、100%と言っていいくらいサービスを享受することができると認識して頂いてOKです。
ドコモとかYモバイルに規定されている速度制限を受けることになると、下り速度が128kbpsにまでダウンされますが、この速度だと、画像を多用しているウェブサイトのTOPページを開こうとしましても、25秒前後は取られるでしょう。

当サイトでは、「通信サービス可能エリアが広いモバイルルーターを持ちたい!」と言われる方用に、通信会社一社一社の通信サービスが可能なエリアの広さをランキングの形式でご案内させていただいております。
モバイルWiFiルーターと言いますのは、契約年数と1ヶ月の料金、それから速度を比較して決めるのが不可欠です。もう1つ使うことになる状況を想定して、通信可能エリアを明確にしておくことも必要だと考えます。

続きを読む

WiMAXの料金や通信エリアはどうなの?

WiMAXの進化版として登場してきたWiMAX2+は、今までの3倍の速度でモバイル通信が可能となっています。更に通信モードをチェンジすれば、WiMAXとWiMAX2+のみならず、au 4G LTEも使用出来る様になっています。

今の時点での4Gというのは本来の4Gの規格とは似て非なるものであり、我が国では今のところ販売開始されていないモバイル通信サービスです。その4Gの正式発表までのつなぎ役として登場してきたのがLTEになるわけです。
映像を視聴することが多いなど、容量が大きめのコンテンツを主体として利用するという方は、WiMAX2+の方が合うでしょう。キャッシュバックなどを絡めた諸々のプランがありますので、それらを比較しならご説明しようと思います。

WiMAXの通信提供エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%なのです。東京都内23区はさることながら、県庁所在地などにおきましては、何ら制限を受けることなく通信サービスを利用することが可能だと考えていただいてOKでしょう。
ポケットWiFiについては、1か月間に使用することができる通信量とか電波の種類が違っていますので、利用の仕方によっておすすめできるモバイルWiFiルーターも異なって当然です。

モバイルルーターについて。繋がりやすく、割引が多く利用しやすくなっている

「WiMAX」「ワイモバイル」「格安sim」の3種類を購入対象にして、それらのプラス面・マイナス面を押さえた上で、利用状況毎にモバイルルーターをランキング形式でご紹介します。

WiMAXの通信エリアは、段階的に時間を使って拡大されてきたわけです。その結果として、今では街中だけじゃなく、地下鉄の駅なども接続できないということがない水準にまで到達しているわけです。
ここでは、銘々に好都合のモバイルルーターを選択してもらえるように、プロバイダーそれぞれの速度だったり月額料金等を確認して、ランキング形式にて紹介しています。
WiMAXギガ放題プランは、大概2年間という期間の更新契約を前提条件として、基本料金の割引やキャッシュバックが敢行されるのです。そのあたりを理解した上で契約すべきだろうと思います。

「ポケットWiFi」については、ソフトバンクのワイモバイルという通信ブランドが販売するモバイルWiFiルーターのことであり、正直なところ出掛けている時でもネットができるモバイルルーター全部を指すものではありません。

WiMAXのメリット。料金や通信速度は納得いくものなのか?

「ポケットWiFi」と呼ばれるものは、ワイモバイルが提供しているWiFi用の端末のことであって、本当のところ何所でもネット可能なモバイル用端末すべてを指すものではありません。

WiMAX2+の販売増大キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを謳っているプロバイダーが何社か見受けられますが、キャッシュバックキャンペーンをやるだけの体力のないプロバイダーも見ることができますので、注意しておきましょう。

「モバイルWiFiに変えようと思っているけど、無制限&高速モバイル通信として注目されているWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイル提供のポケットWiFiのどちらにした方が賢明か決められずにいる。」と言われる方の役に立つように、双方を比較してみたいと思います。
WiMAXモバイルルーターと称されるものは、WiMAXのモバイル通信網を有効利用して、タブレットもしくはパソコンなどのWiFi機能が整っている端末をネットに接続するための、コンパクトサイズの通信機器です。
このサイトでは、ご自分にマッチしたモバイルルーターをセレクトして頂けるように、プロバイダー1社1社の月額料金や速度等を調べ上げて、ランキング形式にてご案内しております。

続きを読む